TEIKOKU NEWS ONLINE


倒産・動向記事

【続報】 2008/11/12 (水) 15:41:05
業 種土木建築工事
商 号勝村建設株式会社
 <カツムラケンセツ>
企業コード989261988
所在地東京都
倒産態様民事再生法の適用を申請
負債額負債49億5700万円
「東京」 既報、勝村建設(株)(資本金9億円、台東区浅草橋4−19−8、代表山田一二氏ほか1名)は、11月11日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 申請代理人は栃木義宏弁護士(港区虎ノ門1−22−13、電話03−3580−1331)ほか1名。監督委員は北河隆之弁護士(新宿区新宿2−8−1、電話03−3356−7618)が選任されている。

 当社は、2005年9月29日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した東証1部上場の勝村建設(株)(現・KC(株)(台東区))が、スポンサーからの支援の下、新設分割により2006年7月に設立。同社の建設事業の受け皿会社として、商業ビルやマンション、公共施設などの建築工事を主体に、道路基礎工事やダム工事などの土木工事、不動産開発事業などを展開していた。

 2007年4月にはファンド運営会社が当社を買収したものの、同社の動向を懸念する声が相次ぎ、資金調達が困難となる状況に陥った。こうしたなか、2007年6月と8月に取引先に対して支払い延期を要請する一方、新たにスポンサー候補先と交渉を進め、2007年9月には新スポンサーが決定。2007年9月期の年売上高は約199億3200万円をあげ、再建へ向けた施策を進めていた。

 しかし近時は、(株)エフ・イー・シー(2008年9月、民事再生法、東京都)などの取引先に対して多額の焦げ付きや未収金が発生し、資金繰りが急速に悪化。9月以降、数回にわたり支払い延期要請を行っていた。この間、親会社のグループ会社に対し資金支援を要請していたが、交渉が決裂。金融機関からの資金支援も得られず、10月31日の支払いが困難なことから10月30日付で営業休止を発表していた。31日付で従業員全員を解雇する予定だったが、解雇を撤回し、11月4日には営業再開を発表、民事再生法のもとで再建を図るべく今回の措置となった。

 負債は約49億5700万円。

☆ 関連の倒産・動向記事はこちら
☆ 関連の債権者名簿はこちら

戻る