TEIKOKU NEWS ONLINE


倒産・動向記事

消費税増税に対応できず、人材確保も難航 2019/09/30 (月) 12:29:56
業 種南大阪で食品スーパーマーケット6店舗を運営
商 号株式会社シヨツピングセンター池忠
 <シヨツピングセンターイケチュウ>
企業コード570020853
所在地大阪府
倒産態様自己破産を申請
負債額負債10億円
「大阪」 (株)シヨツピングセンター池忠(資本金3000万円、堺市堺区向陵西町1−8−21、代表池本克也氏、従業員100名)は、9月29日に事業を停止し、同月30日大阪地裁へ自己破産を申請した。

 申請代理人は上甲悌二弁護士(大阪市中央区北浜3−6−13 日土地淀屋橋ビル、弁護士法人淀屋橋・山上合同、電話06−6202−4776)ほか1名。
 
 当社は、1966年(昭和41年)創業、73年(昭和48年)12月に法人改組。堺市や高石市を中心とする南大阪地区で、食料品・日用品主体のスーパーマーケット6店舗を運営するほか、リカーショップ、喫茶店、ベーカリーショップ、フラワーショップ13店舗も併営し、ピークとなる2001年8月期には年売上高約126億6600万円を計上していた。

 しかし、不況長期化に伴う個人消費の低迷やコンビニ・大型スーパーの進出による競争激化で利益率が低下。2003年8月期の年売上高は約105億2500万円にまで落ち込み、2期連続で欠損を計上していた。このため、不採算店舗の閉鎖や人件費圧縮、原価見直しなど諸経費削減で経営の立て直しを図っていたが、その後も業況は回復せず、2004年2月に負債約40億円を抱えて民事再生法の適用を申請していた。

 同年9月に再生計画認可決定が確定し、不採算店舗の閉鎖などリストラを進め、2007年9月に再生手続きを終結。その後も地元密着のスーパーマーケットとして運営を続け、リサイクルショップなど異業種に参入するなど2018年8月期には年売上高約50億円を計上していた。しかし、同業他社との競争激化や、人件費の高騰などにより収益面は低調に推移。ここへ来て10月から始まる消費税増税に伴う設備投資も行うことができず、先行きの見通しが立たないことから今回の措置となった。

 負債は推定10億円。

☆ 関連の倒産・動向記事はこちら

戻る